お茶目で無敵な老先生 その①

2014年01月27日

福田です。

先日、仕事中に柏の駅前で大学時代の空手部の師範に偶然20年振りに会い、道端で声を掛けられました。
藤沢の方にお住まいと記憶してたので柏で会うとは懐かしさとビックリでした。
今年で70才になられたとの事ですが、この先生とにかくお茶目で無敵で且つ厳しい思い出しかありません。
とにかく組手をしてもパンチも蹴りもかすりもせず、まるですり抜けるようにいなされた事と夏合宿で千葉
の御宿海岸で血反吐を吐く程の特訓を受けた思い出が蘇ってきました。後はとにかくお茶目で大学の学園祭で
演武会の中で試割りをする時に、『ただの試割りじゃつまらん‼︎』といきなり瓦にガソリンをかけ火を点けて
『ほれ、福田、炎割りだ、やれ‼︎』と無茶振りされたり。。。それに加えてとにかく達人の域の強さなのでタチが悪いんんです。
この先生、道端で20年振りに会った弟子の自分に何をしたと思います❓
話の続きは②で。