柏市花野井・サ高住新築現場屋根瓦施工、サッシ取付作業

2018年03月10日

柏市花野井のサービス付き高齢者向け住宅の現場にいよいよ屋根に瓦が取り付け始められ、窓にサッシ取付作業が始まり
ました。^^
今回は屋根に栄四郎瓦と言う軽量瓦の仕様です。 大胆に丸みを帯び、個性的で美しいフォルムと、防災・断熱など機能面を
両立させたデザイン瓦です。本来の欧風イメージにとどまらず、モダンな現代建築を演出するシャープさも兼ね備えています。
今回の瓦の色は銀いぶしを施主様と相談し、採用しました。
P1040315
P1040318P1040316
全ての瓦を1枚ずつ屋根に固定し、更に瓦同士をしっかり噛み合わせる構造の防災瓦。加えて、最新の実験データに基ついた
「ガイドライン工法」による施工で、優れた耐震性・耐風性を実現しています。
エッジの効いた斜めのカットラインの水返しが、雨水を軒先へと誘導し、雨漏りの危険性を軽減します。
又、原料を粘土とする栄四郎瓦は、熱を伝え難い特性を備えています。 
施工でできる瓦と野地板との間の空気層が、更に断熱効率を高めます。
空気層がほとんどない化粧スレートや金属の屋根材に比べ、外気温の影響を遮断し、より快適な生活に役立ちます。
全部配置が終わった状態が楽しみです。^^