葛飾区お花茶屋新築賃貸住宅の杭工事始まりました^^

2016年10月18日

あー、長かった。ほんとに長かった確認が下りるまで。
施主様にも大変お待ち頂いてやっと工事が始まりました!
まずは、杭工事の開始です。 都内下町は、地盤が弱い場所が多々あります。 地震が来てもビクとも
しない建物をがモットーの当社。しっかり杭で補強します。 因みにあの3.11の地震の時も当社の施工
した建物は1棟たりともビクともしなかったのが自慢です。^^
dsc_0428
今回は、セメントミルク・エコソイル工法というどっかの乳製品みたいな名前の(笑)方法での施工だそうです。
杭の長さは6m・本数はなんと69本打ち込みます。それがこれだそうです。
dsc_0430
dsc_0431
三角杭というものです。 三角杭は錐状になった三角断面の節型杭で、節が地盤の摩擦力を高め、杭の支持力を
増加するように働きます。又、節が荷重を杭の周囲に伝える為に杭と杭の側圧を高めることができます。

dsc_0442dsc_0440dsc_0434
クニゲルGSはセメント混合工法用に開発された新しいタイプの製品です。セメントと混合した際に分散性が良く
非常に高い粘性が得られます。dsc_0433
数日かけて杭を打ち込みます。